--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2008/10/08 (Wed) 03:13

世情

経済がえらいことになっている。
いわゆる欧米で金融機関などが被った損益は195兆円だと抜かす。
えらいまた大きな泡ではないか。

しかし、今回の恐慌は、
我々が教科書で習ったあの当時とは様子が違う。
原因も違う。

なんでもかでも“ネット上”で起こる世界。
その“世界”とやらで批判が集中し自殺する俳優がいる。

便利になる。瞬時にニュースが行き渡る。
地球に夜がなくなる。
夜をなくした生き物は眠る時間をなくす。

目を血走らせ、心筋を酷使する。

一握りの道楽者がまつりごと抜きで震撼させる。

ある種テロより怖い、恐慌。
“経済”というキョシンヘイを創った人間の性である。

理想は自給自足に晴耕雨読。
夜が夜の顔をし、人が人間たり得る暮らし。

抽象概念で文明は進む。
しかし、人の心は抽象のみで成熟しない。

少なくとも、ライフラインに付随するものへの投機は自粛するグローバルであってほしい。
リーダーは部下の犠牲で偉くなるものではない。

“先進”が砂を巻き上げ、後発がそのあおりを喰らふ。
恩恵に群がり、犠牲は他に押しつける。

こまった頭でっかちが世情を創り上げている。
Trackback(-) comment*0 | 世間のこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。