2008/10/08 (Wed) 03:23

理由(わけ)

人は唐突にこの世に産み落とされる。

願ってはいない。それこそ偶然の産である。

しかし、万物の霊長は、生の意義をその一生をかけて探求する。

わけあって、人は行動する。

そのわけがなくなった時、生命活動を止めると訊いた。

殺風景な世の中にするために文明をさかえさせてきたわけではあるまい。

ところが文明は何故か人に冷たい。

我々は文明ばかりを尊重するあまり、文化を蔑ろにしてきたのではないか。

心を分厚くする教育が必要である。

否、教育とは、心を育てることがその意義であった。

世に、受験指導は氾濫するが、教育はその溢れた水に没した。

要領ばかり良いエリートの世界にしてしまっていいはずがない。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive