--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2008/10/20 (Mon) 02:59

李下(りか)に冠

昔教えた子で面白いことをしでかした男子が居た。
T中学での入試会場。
彼は消しゴムを落としたのである。
何らの他意はなく、ごく自然にそれを拾ったという。

拾ってから彼は私の言葉を思い出した。
“消しゴム落としても勝手に拾うな。試験監督の指示を仰げ”と言っておいたのだ。
この辺り、“質問は何度でもせよ。その際監督の目をじっと見よ!”とか“トイレには何回でも行け”などという中学受験予備校の指導とは違って品がある。

さて、話はここからが面白い。
なんと彼はその消しゴムをもう一度床に落とし、徐に挙手し、“消しゴムを落とした”旨告げて事なきを得たという。
李下に冠…である。
それに比して、お役所という所は一体何であろうか。
そこに巣喰う人種は一体庶民をなんだと思っているんだろう。

全国のヤクショで、使い切れなかった予算を業者などにプールさせていたという。
理由は簡単だ。予算を余らせれば次年度から予算が削られるからである。
そのやっていることがどんなに異常であろうが関係ない。
余らせたら予算が削られる。全部使ったようにしろ…という考えだ。
ただし、これはまだ好意的な解釈である。
“奴ら”の言い分通りだ。

ヤクショに集まってくる金は血税である。
公務員よ、それはお前らの金ではないのである。
勿論、お前らに庶民は払っているのではない。
お前らはただ担当窓口であるに過ぎない。

徴収した年金をポッケナイナイしたり、会社とぐるになって勝手に金額を変えたり、
そしてお上から取った予算を不正に管理・運用する。
憶測はいけないが、恐らく私的流用が出てくるのは自明だろう。

そしてもっとびっくりするのはこいつらはクビには絶対ならないのである。

公務員という括りで言えば、最近“がっこのせんせい”にも不祥事が多い。
これもヤクショのヤクニンと同じ勘違いからである。

ヤクショは庶民の金を、がっこは庶民の子どもを、預かっているだけである。
あんたの指導力惚れて預けたんではない。

そこんとこよーく肝に銘じ、ほんとにここらで一から出直せコームイン。
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。