--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2008/10/24 (Fri) 03:18

これって、いじめ?

先日、我が子と会話をした。
可哀想にこの子はクマキッズである。塾でお父さんと呼ぶな!といいつけてある。
だから彼女は私を呼ぶ際、“なぁなぁ”と呼ぶ。
彼女の友達は“クマって呼べばいいやん”とからかう。いや、意外にマジかもしれない。

さて。
娘が世間で言う軽い“いじめ”に遭っているらしい。
この子は一言多い子なので敵を作りやすい。それが遠因になっていることは否めないだろう。

“あっさりしている”を通り越えてとても“男の子っぽい”のである。
それと身体的な弱点を突かれてからかわれたらしい。
不要になった持ち物に“him”と書かれたらしい。
さすがに担任に言いつけたという。

勿論、親の端くれとして心中は穏やかではない。
しかし、ここで“やってしまって”は紺屋の白袴。ぐっと怺え、笑顔で。
“学校に怒鳴り込んでいってやろうか?”
“いえ、遠慮しときます、それだけは。。。”

ふふふ、さすがである、懲りておるな。
そして、まだ大丈夫なようだ。
できれば自分で解決して欲しい。
トラブルが避けて通る極意を身につけて欲しい。

周囲を見渡して欲しい。
トラブルがしょっちゅう起こる人には、それなりの原因がちゃんとある。
すーっとかわす。これがなかなかに難しい。

もし、娘が学校に行けなくなったら、私はただではおかない。
これは親として当然である。
Trackback(-) comment*0 | 子どものこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。