--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2008/11/09 (Sun) 03:21

計算用紙をくださいっ!

勉強ネタが続く。これもよく悩むことであるが…。

教材に書き込みか、ノートに書かせるか。。。
私はノート(ルーズリーフ)派である。少々の稚拙や美醜は問わない。
ただ、何処に何をやったか…その整理と管理をさせたいのである。

ま、ここまではいいのだ。

こんなことを言う子が多い。
ルーズリーフに算数の式や答えをちゃんと書いている。
だのに、“クマ、計算用紙ちょうだい”
“あ、いいよ”…ん???“え?ノートに書いてるんやろ?なんで計算用紙が要るの?”
この質問をすると十中八九子ども達はどの子も固まる。
別に私は窮屈な環境保護を謳っているわけでも、ケチでもない。
不思議なのである。じゃ、ノートに何を書いとるの?と。
で、見た。
きちんと言われたように体裁を整えたノートには、見事に答えだけが書かれていた。
そこでその子に計算用紙使用禁止を言い渡した。

大手の塾で、テストの際に計算用紙を配るところがある。
しかし、入試でも模試でも総じて計算用紙は配らない。
余白を利用せよということである。

ならば、それを想定して練習すべきである。

というか、クマ式算数では段々計算が簡略化されてくるので計算用紙は不要になってゆくのだが…。
Trackback(-) comment*0 | 入試のこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。