2009/05/03 (Sun) 02:12

マスク

私はマスクが嫌いだ。
電車の中などでマスクを着用するのは、警戒心むき出しのようで気が引ける。
昔は風邪を引いた人がマスクをした。
今は自衛がその主たる目的だ。

風邪の流行期も花粉騒ぎも過ぎ去った。
まだ空気の乾燥はあるが、気温も上昇し、これから夏が近付くにつれて湿気が増す。
もうマスクはそろそろ用済みだと思った矢先の新型インフルエンザだ。

今日など真冬よりもマスク着用者が目立った。
誰かが咳をする度にしてこなかったことを少々悔いた。

新型だけに免疫がなく、世界的な大流行になるかもしれない。
下手をすれば死に至ることもある。
そんな文字が躍り、季節外れにマスクが売れる。

私らが子どものころにはなかった“新病”が次々登場する。
一体これはどういうことなんだろうか。
何が違ってきているんだろうか。

肉体と精神は当然同体だ。
心が体に無関係なわけがない。
そう考えると、然りと腑に落ちることもいくつかはある。
Trackback(-) comment*0 | 世間のこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive