--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2009/05/22 (Fri) 03:36

Sing like talking... 音楽夜話~simonな話~

私はビートルズにたたき起こされた。
途中でストーンズも目に入ったが、子守歌も目覚ましも鼻歌も、全部ビートルズだった。
彼らの醸し出す雰囲気は、当時の日本人にはないものだった。
初めてミュージシャンに出会った。

中学生も終わりの頃、彼らを失った。
あまりにも有名になりすぎ、解散のどろどろもあって、ビートルズが好きだった…と、ちゃんと言えない時期があったほどだ。

ビートルズと入れ替わるように、私はサイモンを知った。
あっという間に虜になった。本当は、背伸びして聴いていたブリティッシュロックなんかよりもこっちの方が遙かに落ち着いて聴いていられた。

サイモンの“America”という曲がある。
私は長らく、この曲が映画『卒業』のラストシーンに使われた曲だと記憶違いをしていた。
この曲はまさにあの映画のラストシーンの象徴である。
が、それは今はいい。

この曲の歌詞にこんな一節がある。
曰く…。
“レインコートのポケットに、確かたばこが一箱残ってたはずだ。こっちへ投げてくれる?”
“ないわよ、もう1時間も前に吸ってしまったじゃない”
“僕”は仕方なく、景色を見ることにした。

景色を見ながら“僕”は無言でキャシーに話しかける。
そして、みんなアメリカを探しに来たんだ…と結ぶのである。

この一節を、彼はまるで“話すように”歌う。

今年、サイモンがやってくる。
でも、何故か行こうと思わない。

同じくボクサーも“sing like talking”である。この曲もちょっとやってみたくなった。
Trackback(-) comment*8 | 趣味の話
comment
おっくん #-
こんなのを
2009/07/12(日) 22:51:55 | URL | edit
kuma #-
あぁ!
どらくですね! 偶に見てました。
最近はありやまな日々を過ごして居ますが、何故かお出かけ&帰宅ソングは何故か“Revolver”なんです。この頃、既にリアルタイムでビートルズを聴いていた私は、置いてけぼり感を感じ始めた偉大な傑作だったんですね。。。
She said she said と Dr.Robert が特に好きです。
2009/07/13(月) 00:19:39 | URL | edit
おっくん #-
やはり…
ご無礼を致しました。
そりゃそうですよね。
最近、娘にクルマのCDを占拠されてますが、今のJ-POPにふとビートルズのメロディラインを感じるときがあります。
ビートルズの影響を受けて生まれた曲に影響された世代ですよね。
ビートルズのメロディがパッフェルベルのカノンみたいな存在になりつつあるのかもしれません。
2009/07/13(月) 02:28:44 | URL | edit
kuma #-
というか・・・
ビートルズがそもそもパロディーバンドだと自称していましたからね。
ただ、彼らのすごいところはそれを自分達のものとして取り込んで、人に刷り込んだところです。
取り込めても、刷り込みまで出来る人はなかなか居ません(笑)
2009/07/14(火) 03:24:03 | URL | edit
ピニョン #5Gg6z9h6
あ!(笑)
ここにありましたね。しかも既読でしたか…いやぁ、さすがに。
2009/07/18(土) 06:34:30 | URL | edit
kuma #-
Re: タイトルなし
いや、なに、そのぉ…。
いっぱいコメント頂き、歓んでます!
2009/07/19(日) 01:29:59 | URL | edit
おっくん #-
今度の
資生堂の男性化粧品ウーノのCMって、明らかに意識してますよね。
顧客となる若い人々はわかるのかな…
2009/09/08(火) 21:17:22 | URL | edit
kuma #-
あれは…
意識しているというより、ものまねですねぁ。ヤァ!ヤァ!ヤァ!ですね。
ちょっと、イタイイタイ・・・(>_<)
2009/09/09(水) 01:13:50 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。