--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2009/06/06 (Sat) 03:52

つまらん話

ここ最近、同年代の方と知り合いになった。私は、縦社会で育った人間だから、先輩は絶対だ。
何の理由もない、ただ年上。それで立てるに充分。他に何が要ろう。

その方と体調のことで意見が合った。朝起きたらその日の調子を体に訊いてみる。
これが“おっさん”の極意である(⌒~⌒)

ひと月ほど前から朝起きたら右手の中指が手のひらにくっついた状態で目が覚めた。
その中指が伸びないで、伸ばそうとすると痛い。
もしかして・・・リウマチだったら難儀だなと恐れた。
例にインフルエンザ休校の初日、やっと病院に行った。マスクなしで(笑)
“あ、バネ指ですね”
“リウマチがないんですか?”
“はい、違いますね。リウマチはね左右対称に痛いところが出ますからね。で、バネ指というものはね・・・”

よかった。かなりブルーに凹んでいたので、突き上げるように嬉しかった。
重いものを持ったり、指を酷使したらこんなことになるのだそうだ。
思い当たるのは、重い物はボウリングである。
ちょっと指にしっくりこないボールで投げた覚えがある。
次はやっぱりギターだろう。
私の場合、中指をよく使ってピッキングする。

一番の治療は使わないことらしい。
熱を持った時だけ、短時間冷やして、その後は温める。
古今、生体の体を冷やしてろくな事がない。

もう上手くならないのは二百も承知だ。
でももうギターなんか触りたくもない…そんなことにでもなったら嫌だ。
私などの年齢になると、色々はところが傷んでくる。
でも、頭の中はまだ青年だから、そのまま放置。
で、事態が悪化する。

しかし、それにしても、“バネ指”とは言い得て妙である( ̄‥ ̄)
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。