FC2ブログ

Category: 子どものこと  2/5

午後の教室

No image

昨日は日曜日。いつもやってくる小学生が来ず、前半は中学生の同窓会になってしまった。お昼を挟んで、そのうちの二人が帰り、いつも精勤の男子が残った。この子の方が“受験生”よりもまじめである。他に塾ひとつ、さらに個別指導塾にも通っている。学校は大阪ナンバーワンの男子校である。私は、新参者の故、初めは口出しを避けていた。が、ある日その子が解けない問題を片手に質問に来た。この瞬間を私は待っていたのである。その...

  • 0
  • -

あんまり、時間がない…(-。-;)

No image

私は、アラ還である。今も子ども『達』の前に立ってはいる。が、思うようなことができているとは決して言えない。こんな事を書くと不遜と思われそうだが…。自分としては『今』なのである。随分草臥れたとはいえ、まだ1時間や2時間は机間を回りながら喋りっぱなし…というようなことができる。つまり、子ども達に何かを伝えるだけの気力と体力がある。が、残念ながらそれをさせてくれる舞台には上がれていない。教育にもサービス業...

  • 0
  • -

新学期

No image

新しい学年が始まった。世間の大学受験に比べたら、娘の受験は大変楽であったというべきだろう。やはり、2年の夏に方針を固めて正解だったと言える。先日、テレビで西成高校の先生の奮戦記を見て、ぐっときた。先生は忙しそうだったがそんな語彙は彼にはないかのように子供達の就職のために奔走していた。羨ましい。そしてこれこそが教育の原点であることを思い出した。私もそれなりに生徒のためにやってきた自負がある。が、この...

  • 0
  • -

学力から教養へ

No image

子どもの入学式に行って来た。やはり想像通り、地味だがしっかり地に足が着いた大学であると再確認した。同じ府内の三大学が手を組んで、それぞれの特徴的な指導内容を他大学の学生にも提供しようという試みが来年から実行されるらしい。京都は世界有数の歴史ある町である。その町を大切にし、深く知り・学んで欲しい。またその学びの中で得たことを京都のために還元して欲しいという学長の祝辞に納得した。歴史好きの私としては羨...

  • 0
  • -

世間知らず

No image

この仕事をしていると世間を知らない子どもによく遭う。例えば大阪市内のど真ん中に住んでいて地下鉄に乗ったことがない子。カツ丼を中学生になる寸前まで食べたことがない子…。いろんな“…ない子”が居る。我が娘は決して決してお嬢様育ちではない。その事、まずお断りしておいて…と。先日、大学までの通学ルートについて話していた。私:やっぱり京阪より阪急がいいなぁ娘:うん。あの傾いた電車は嫌やわ(^^ゞ私:うん。阪神とどっ...

  • 2
  • -

ご報告

No image

本日、我が家に桜咲きました。本当にほっとしました。ネットで合格発表を見たのですが、番号を見つけた瞬間、体の中から湧き上がる感情と全身から力が抜けてゆく妙な感覚を味わいました。正直、苦しかった。失敗させたくなかった。せめて学校くらい好きなところに行かせてやりたい…。ただただ、その一念でした。ありがとうございます。。。頑張ったのはわが子です。…が、自分にもご褒美を上げたい(^_^;)ちょっと疲れました。...

  • 4
  • -